ともみ先生の“マタニティライフ”第16回 ともみ先生のマタニティライフ|盛岡の小児歯科なら神の前キッズデンタルパーク

0120-182545 9:30~13:00/14:30~17:30【休診日】木・日・祝日
神の前キッズブログ

ともみ先生の“マタニティライフ”第16回 ともみ先生のマタニティライフ

 みなさん、お久しぶりです!
神の前キッズに通っていただいている皆様はご存じの方も多いと思いますが、実は私!第二子を妊娠中です。このブログを書いている現在はなんと妊娠39週。来週には生まれる予定です!!生まれる前に皆さんにお伝えしたいことがあり慌てて執筆中です(笑)

 出産の裏話で締めくくらせて頂いたマタニティブログですが、その時生まれた長女は現在1歳10か月。言葉もどんどん覚えて、意志の疎通ができるようになってきました。最近のブームはみんなのお世話。赤ちゃん人形やぬいぐるみを自分が入っていたスリングに入れてだっこしてみたり、パパには出勤前に置き忘れていた携帯を持ってきてくれたり、ママの水筒を開けては口に運んで飲ませてくれたり毎日大忙しです(^_^;)赤ちゃんが生まれたら娘と一緒にお世話をするのが最近の楽しみです。

 さて、今回のブログのお題は「骨盤ベルト(トコちゃんベルト)」についてです。
前回のブログの11回、12回でも子宮の形や妊婦の姿勢が重要であることはお伝えしていましたが、さらに詳しくお伝えしたいと思います。

 実は私、今回の妊娠中で最も大変だったことは腰痛でした。妊娠5ケ月くらいから腰の痛みが強くなり、歯医者の仕事(前かがみになったり、立ったり座ったりなどなど)もなかなか大変でした。その原因は「骨盤の緩み」。そのことをマタニティコース担当保育士に相談したところ、今年から新たに導入した骨盤ベルト(トコちゃんベルト)をおすすめされました。マタニティコース担当保育士は、このトコちゃんベルトの研修を受け、適切なベルトの選択と装着の仕方を指導できるため、今年から当院でこのベルトの販売が可能となりました。

ともみ先生の“マタニティライフ”第16回 ともみ先生のマタニティライフ

 さっそく計測。床に横になり腰をついた状態と、浮かせた状態で骨盤周りの計測をし、骨盤の柔らかさを計測します。計測の結果、私の骨盤は柔軟性が足りないとのこと。さっそくトコちゃんベルトの装着方法を教わり(私の場合はアンダーベルトとのダブル巻きをおすすめされました)装着したところ、それまで痛かった腰が嘘のように痛みがとれ、動きの制約がなくなり、仕事もさくさくこなせるようになりました(^皿^)b

ともみ先生の“マタニティライフ”第16回 ともみ先生のマタニティライフ

 またトコちゃんパンツ(骨盤まわりは骨盤を支える伸縮性のゴムのような素材が使われておりベルトを更に固定。お腹まわりはしめつけがほとんどなくお腹をやさしく包む腹巻使用になっています)をユニフォームとして購入しベルトの上から履いたところ、さらに骨盤の安定感が増しました。骨盤ベルトと平行して、骨盤体操(操体法)を行うと骨盤を整えていくことができます。臨月になった今では、「おなかまき」というお腹をさらに支えるベルトも装着(しめつけはほとんどなく優しくお腹を支えている感じです)。

 トコちゃんベルトのおかげで、第二子妊娠中はお腹がはる、子宮頸管の距離が短い(早産のリスク)などのトラブルはほとんどなく、とても快適なマタニティライフを過ごすことができました。もちろん腰痛もすっかり改善!さらに、お腹の形もとっても綺麗☆臨月になってもお腹はふっくら柔らかく、子宮が垂れ下がることもなく子宮の形も綺麗な状態が保たれています。

 そもそもなぜ現代の女性は、このようなトラブルがおきやすくなったのでしょうか?それは昔の生活に比べ、歩く・立つ・しゃがむといった動作が減り骨盤周りを支えるための筋力が低下しているからです。妊娠すると「リラキシン」という筋肉や靭帯を緩めるホルモンが分泌されます。もともと筋力が弱い上に、リラキシンによる効果で骨盤が緩みすぎてしまうのです。それにより、腰痛や尿漏れなどのシモのトラブル、内臓が支えられず子宮が垂れ下がる(内臓下垂)が起きてしまうのです。

 その他にも、腹直筋離開(お腹の中心で左右の腹筋をつないでいる白い線状の部分が、横に伸びて薄くなり、左右の腹筋が離れて開いた状態のこと)にもご注意を。腹直筋離開が起こると胎児は横向きになったり、足をのばした状態になってしまったりと、まんまる姿勢を保てなくなってしまい、胎児の正常な発育の妨げになってしまいます。腹直筋離開は妊婦だけでなく、妊娠したことのない女性にもみられるようになってきているとのこと。

 そのため産前産後の女性はもちろんのこと、すべての女性に骨盤ケアは必要といっても過言ではありません。母になってつくづく実感しますが、女性が元気でなければ家族を支えることはできません。そのためにも健康な身体づくりはとっても大切なことです。

 私ももうすぐ二児の母。特に産後は骨盤をリセットすることができる時期といいます。今度こそしっかり骨盤ケアをして、元気モリモリ子育てと仕事を行って、家族も患者さんもみんなで幸せになっていきたいと思います(●^o^●)
と、まずは気張って元気な赤ちゃんを産みたいと思います!!それでは~

 産前・産後の骨盤ケアに関するお問い合わせはこちらまで
⇒ 0120-182545(マタニティコース・赤ちゃんコースにて対応いたします)

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご予約・お問い合わせ いい歯にっこりよい子 0120-182545 Tel 019-601-5058 / Fax 019-601-5068

9:30~13:00/14:30~17:30
【休診日】木・日・祝日