ともみ先生の“マタニティライフ”第21回 「腹直筋離開について」|盛岡の小児歯科なら神の前キッズデンタルパーク

0120-182545 9:30~13:00/14:30~17:30【休診日】木・日・祝日
神の前キッズブログ

ともみ先生の“マタニティライフ”第21回 「腹直筋離開について」

 みなさん、こんにちは。
またしても更新に期間があいてしまって申し訳ありません(X‐X;)気温もあがりとても過ごしやすい季節になりましたね。私はついに臨月に入り、数日前おしるしもありました!!一度切迫早産で入院して以降は、特に大きな問題もなく今回も自然分娩でいけそうです。数日前の夜中、急にお腹が痛くて目が覚め「陣痛きた!!」と思った矢先、起き上がってみたら息子の頭が私のお腹の上にどーーん!!……なんて紛らわしい!!(笑)と一人ツッコミ。そんな感じで、毎日今か今かとドキドキしながら過ごしています。

 今回3度目の妊娠で私が苦労したのは腰痛です。トコちゃんベルトを着けていたので日常生活は特に支障はなかったのですが、「横になる、起き上がる」がとにかく大変でした。妊娠中は子宮がどんどん大きくなり臓器を圧迫するため、頻尿になりがちです。私も例外ではなく、夜間1~2度は目が覚めてトイレに行くのですが、この起き上がる動作が本当に大変でした。

 ぎっくり腰を経験した方はわかるかもしれません。起き上がる際、腹筋をするように勢いをつけて起きるのはNG!横向きになりゆっくり起き上がるのが腰に負担をかけずに起き上がる方法です。この起き上がり方は妊娠中以外でも意識したほうがよいとのこと。それは「腹直筋離開」になる危険性があるから。
※腹直筋離開とは??⇒https://toco-care.com/toco-belt/care/body/muscle.php

 腹直筋離開が起こると、赤ちゃんが左右に広がったお腹の中で横向きになったり、足を伸ばした状態になったりと、しっかり丸くなることができません。そのためお口や全身の発達に影響が出る可能性があります。また、分娩時にいきんでもお腹に力が入りにくくなったり、産後の腰痛・内臓下垂・ウエストの戻りが悪いなどの問題が起こる可能性があります。

 そこでおすすめなのが、「おなかまき」です。お腹が左右に広がりすぎないように寄せ、大きくなってきたお腹を優しく支えてくれます。私はおなかまきを始めてから、腰への負担はかなり軽減されました。

ともみ先生の“マタニティライフ”第21回 「腹直筋離開について」

私は「トコちゃんベルト・アンダーベルトRENEW・おなかまき」の3つを重ねづけしています。
ベルトの選び方、付け方は専門スタッフがサポートいたします。

 そしてこの「おなかまき」と「トコちゃんベルト」は産後のケアにも有効です。産後緩みきった骨盤を支え、子宮が収縮するのをサポートしてくれるそうです。産後の使い方に関してはまたお伝えしますね。

 妊娠中、妊婦さんは筋肉や靭帯を緩めるホルモンが出たりお腹が大きくなることで様々な体の不調がおきます。しかし産婦人科によっては「それは妊娠すると起こることで仕方がないことだから…」と具体的な対応をしてくれないところも多いです。妊婦さんの体の不調は赤ちゃんの発達に影響を及ぼす可能性があるため、放置は禁物です!!困ったことがあったらぜひ当院にご相談くださいね。

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご予約・お問い合わせ いい歯にっこりよい子 0120-182545 Tel 019-601-5058 / Fax 019-601-5068

9:30~13:00/14:30~17:30
【休診日】木・日・祝日